お正月に食べる料理といえば何がすぐに思い浮かびますか?定番はおせち料理やお雑煮といったところだと思います。おせち料理にはそれぞれの食材や料理に意味があるというのをご存知でしょうか。例えば「数の子」は卵の数が多く、沢山の子になぞらえて子孫繁栄を願って食べられる縁起物です。「黒豆」はその色から厄除けと、まめに健康に暮らせるようにといった無病息災を願って食べられます。

そのように意味のあるおせち料理をお正月の祝い料理として食べるのはよくわかりますが、それではなぜお正月には「お餅」を食べるのでしょうか。

お正月にお餅を食べるようになったのは、もともとは「歯固めの儀」という平安時代に宮中で行われた正月行事に由来するといわれています。長く伸びる餅が長寿を意味するところから、長寿と健康を願って食べていたとの事です。

また、鏡餅を食べるのは年神様に供えたお餅を頂く事で、新しい1年の無病息災を祈願するといった意味があります。

お餅といえばお雑煮ですが、お雑煮の味や使われるお餅にも、それぞれ地域の特色が現れていて興味深いですよね。代表的なのは関西風と関東風お雑煮だと思います。

関西風のお雑煮は、お餅の形が「丸餅」で、白味噌仕立てで作られる事が多いです。味噌を使って作るというのはもともとは京都文化からきているそうですよ。汁に入れるお餅は焼かずに煮て食べるのが主流です。

一方関東風のお雑煮は、お餅の形が「角餅」で、醤油ベースで作られています。お餅は焼いてから入れるのが主流で、鎌倉時代から江戸時代にかけての食文化が関東では今でも色濃く残っています。

あんこ入りのお餅を使って作ったり、鰤や牡蠣、いくらを入れて作ったり、地域によって色んな食べ方があるお雑煮。長寿と健康を願いつつ、美味しく堪能したいですね。