カテゴリー: グルメ日記

博多のお正月は「がめ煮」が主役

博多のお正月に欠かせないおせち料理といえば「がめ煮」。
がめ煮と言われる由来は、博多湾に多くいたカメやスッポンと、あり合わせの材料を寄せ集めて煮込んだことが始まりとも言われています。
現在では、里芋、れんこん、ごぼう、筍、人参、干し椎茸、こんにゃく、鶏の骨付きもも肉などを主な材料として煮込む、福岡県北部の代表的な郷土料理として伝承されてきました。
福岡県筑前地方の郷土料理である筑前煮や地域性の強い煮しめなどと同じ料理のようですが、決定的な違いは骨付き鶏肉を使用しているところです。

毎年お正月に義母が、骨付鶏もも肉をよく炒め「これが美味しくなるコツ」と言って、鶏から出た油で根菜類やこんにゃくなどの材料を炒め、手際よく作っていた姿を思い出します。
長年の感を頼りに調味料などは目分量でざっくりとした味付けをしているのですが、材料を一つ一つ炒めて味をつけていく手間暇かけた調理方法でした。

年季の入った大きなアルマイトの鍋で、大量のがめ煮を2日掛かりで作ってくれました。
野菜嫌いの孫たちも、箸を止めずに完食してしまうほど義母が作ってくれたがめ煮はとても美味しく、お客さんにも好評で毎年楽しみにしていました。

まさに「がめ煮の達人」でした。

そんな義母の味を伝承していきたいという思いで、年末はがめ煮の味付けに試行錯誤しています。家族の評判は良くなってきましたが、義母の味には、まだほど遠い感じです。

お正月にお餅を食べるのはなぜ?関西雑煮と関東雑煮の違いって?

お正月に食べる料理といえば何がすぐに思い浮かびますか?定番はおせち料理やお雑煮といったところだと思います。おせち料理にはそれぞれの食材や料理に意味があるというのをご存知でしょうか。例えば「数の子」は卵の数が多く、沢山の子になぞらえて子孫繁栄を願って食べられる縁起物です。「黒豆」はその色から厄除けと、まめに健康に暮らせるようにといった無病息災を願って食べられます。

そのように意味のあるおせち料理をお正月の祝い料理として食べるのはよくわかりますが、それではなぜお正月には「お餅」を食べるのでしょうか。

お正月にお餅を食べるようになったのは、もともとは「歯固めの儀」という平安時代に宮中で行われた正月行事に由来するといわれています。長く伸びる餅が長寿を意味するところから、長寿と健康を願って食べていたとの事です。

また、鏡餅を食べるのは年神様に供えたお餅を頂く事で、新しい1年の無病息災を祈願するといった意味があります。

お餅といえばお雑煮ですが、お雑煮の味や使われるお餅にも、それぞれ地域の特色が現れていて興味深いですよね。代表的なのは関西風と関東風お雑煮だと思います。

関西風のお雑煮は、お餅の形が「丸餅」で、白味噌仕立てで作られる事が多いです。味噌を使って作るというのはもともとは京都文化からきているそうですよ。汁に入れるお餅は焼かずに煮て食べるのが主流です。

一方関東風のお雑煮は、お餅の形が「角餅」で、醤油ベースで作られています。お餅は焼いてから入れるのが主流で、鎌倉時代から江戸時代にかけての食文化が関東では今でも色濃く残っています。

あんこ入りのお餅を使って作ったり、鰤や牡蠣、いくらを入れて作ったり、地域によって色んな食べ方があるお雑煮。長寿と健康を願いつつ、美味しく堪能したいですね。

お正月は3種類のお雑煮

実家のお雑煮は2種類あります。お雑煮は、地域によって家庭によって、それぞれの味があります。我が家では、家族の希望と母の味が雑煮に詰まっています。三が日は、毎日お雑煮を食べます。1日目はしょうゆ味、2日目は白みそ味、3日目はしょうゆ味に戻ります。

しょうゆ味は、お澄ましと読んでいます。カツオ節と昆布でだしを取り、しょうゆなどで味付けします。かまぼこや白菜、ニンジンなどの具材に丸もちを入れています。

白みそ味は、同じくカツオ節と昆布でだしを取り、白みそで味付けします。甘めのお雑煮です。白みそは味がぼやけてしまい、味付けが難しいです。サトイモやダイコン、ニンジンなどに丸もちを入れています。私はしょうゆ味の方が好きです。

おもちは取り出して、きな粉を付けて食べます。きな粉を付ける理由は、味がしないからです。砂糖の入った甘いきな粉に付けて食べます。

結婚をして、福岡のお雑煮は、しょうゆ味です。昆布と焼きあごでだしを取ります。関西の優しい味とは違った、濃い味のだしが取れます。普段の料理はあごだしは使っていません。使っている家庭もあると思いますが、普段はいりこと昆布です。具材にブリとかつお菜を入れるのがポイントです。

お正月の料理は、お雑煮がメインでおせち料理を囲んで食べています。おせち料理は、少しずついろいろ味見をするという感覚です。とても華やかな気分になります。

家族揃っておせちを開ける瞬間が楽しいんです!

年末になると、女性陣が忙しいイメージがあるのがおせち料理の準備です。
昔なら、食材の準備から始めて台所に立つ姿が当たり前の風景でした。

しかし、最近は少子高齢化や一人暮らしの人も増えて作る人も減ってきています。
寂しい事ですが、正月におせち料理を食べる習慣も薄れつつあるのも事実です。

外食産業が盛んな日本なので、洋食文化になりつつあるのかも知れませんね…。
そこで、今こそ古き良き日本の風習を見直すべきだと思います。

もし自宅で作るのが難しいななら、お取り寄せをしてみてはいかがでしょうか?
少人数用から、豪華な名店等のおせち料理はお勧めです。

お店によっては、自宅に宅配するサービスもあります。
これなら、年末に忙しい人にも便利ですね?

気になる味についてですが、良い意味で競合した業界なので美味い物が多いです。
少し前にあった…ボリュームが写真と違う!?は存在しません。

おせち料理の内容も、和・洋・中から選択が可能です。
「去年は和を頼んだから今年は洋にするかな?」

そんな楽しみ方が出来るのも、お取り寄せならではですね!

そして、最後の楽しみ方は…。
中身を家族には知らせない事です。

ジャンルや好みは事前に調整しますが、全容は見せないんです。
そして、みんなが揃って頂きますをして開けると…。

この瞬間が楽しいんです!
「今年は、このパターンで来たな!」

嬉しい家族の声が聞こえてきますね?
ここで、セレクト上手な女性(母親)もしっかりアピール出来ます。

大事な年初めです。
ちょっとしたサプライズも楽しいですよ!

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén